落ちた時の心構え

オーディションは、誰しも必ず合格するというものでありません。芸能事務所や劇団の募集には数多くの人が応募してくるため、受かるのは一握りの人です。オーディションに落ちてしまうことは残念なことではありますが、決して人格が否定されたことではありません。落ち込まずに次のオーディションの準備をしましょう。不合格になったことだけを受け入れ、審査の際に最大限自分をアピールできるパフォーマンスができたかといった点を分析してみることで次のオーディションに活かすことができます。

オーディションに合格する確率を上げるためには努力することも必要です。特に配役のためのオーディションでは、人気や実力のある俳優でも不合格になることも当たり前のようにあります。配役の場合は、製作人のコンセプトや求める人材が決まっているため、どんなに人気の俳優でもその枠に当てはまらなければ、未経験者と同じように不合格になるのです。

このように、俳優を目指している間も、俳優になってからもオーディション受けることは続きます。俳優という職業を目指すならば、一度受けたオーディションに受からなくても、挫折せずに粘り強く挑戦していく強さを持つようにしましょう。