受かるコツ

舞台俳優でも映像俳優でも、オーディションの2次審査の面接では、面接官からの質問に答えていきます。良くある質問としては、どんな俳優になりたいかということや目指している俳優がいるかどうか、といったことです。さらに、面接では、自己PRを求められることがほとんどです。面接官から質問される内容には具体的に答えられるようにあらかじめ用意しておきましょう。さらに、多くの応募者から自分を印象づけるためには、自己PRの場で最大限にアプローチをします。

俳優のためのオーディションでは、「自分の長所は明るいところです」といったありきたりなアピールでは印象が薄くなってしまいます。他の人とは違う部分を持っていることをアピールできるようにしましょう。そのために、特技を身につけておくことも1つの手段です。

また、オーディションの面接は、自分の個性を見てもらう場です。面接官に見られているということや多くのライバルがいる中で緊張しやすいものですが、もし面接の質問にうまく答えられないことや特技の披露がうまくできなかったとしても萎縮せずに堂々としていましょう。オーディションに受かるためには、自分をしっかり持っておくことが必要なのです。