俳優のオーディション

芸能の仕事の中には俳優というものがあります。俳優としての活動の仕方は、おおまかに分けて2つあり、1つ目は舞台、2つ目はドラマや映画など映像の分野です。お芝居をするという職業自体は同じでも、2つの活動では、俳優になるまでの方法がそれぞれ異なります。もし俳優になりたい場合、舞台と映像のどちらで活動したいかを明確にしておくことで、俳優になるために必要な事柄が分かりやすくなるでしょう。

舞台俳優として活動したい場合は、劇団に所属して所属劇団での公演に参加をすることと、個人で舞台キャストの募集に応募するという方法があります。個人で応募する場合、演技未経験者でもキャスト応募を受けることができる場合も多いため、挑戦がしやすいです。しかし、応募先の公演が自分のやりたいお芝居かどうかを判断するためには各募集によって情報を調べる必要があります。

劇団に所属するためには入団テストを受けます。劇団によっては入団をして演技レッスンを行う研究生オーディションと劇団員のオーディションがあります。研究生のオーディションでは未経験者も受けやすいですが、劇団員の入団オーディションには高い演技力や声楽、ダンス力といったことが求められることもあるため、研究生から下積みを重ねて劇団員を目指すことや、演劇スクールでスキルを磨いてからオーディションを受けたほうが良い場合もあります。入団オーディションの難易度や倍率は、劇団の人気や規模、コンセプトによって変化するため、所属したい劇団の入団条件を把握しておきましょう。こちらのサイトでは、俳優になるために必要なことをご紹介していきますのでぜひご参考ください。